よくある質問

ギロチンってどんな種類があるの?

主に下記の4種類がございます。

1. 本格型ギロチン
  スクラップをボックスに投入後、上蓋と幅寄せシリンダーにて圧縮し、スクラップを直方体の状態にしてから、送りシリンダーで切断部に送り込み、押え→切断してサイジングを行うタイプ。

2. 簡易型ギロチン
  スクラップをボックスに投入後、圧縮せずにそのままチェーン駆動の送り箱にて切断部に送り込み、幅寄せ→押え→切断してサイジングを行うタイプ。

3. 特殊型
  上記2タイプに該当しないタイプ。

4. アリゲーター型ギロチン
  現在主流の門型の切断方式ではなく、ハサミ型の切断方式のギロチン。

プレスってどんな種類があるの?

色々な種類がありますが、大きく分けて下記の4種類がございます。

1. 一方締めプレス
  スクラップをホッパー式の投入口から投入し、一方向からのみ圧縮するタイプのプレス機。主に空缶等のプレス用。

2. 二方締めプレス
  スクラップをボックスに投入後、上蓋シリンダーとメインシリンダーの2方向から圧縮するタイプのプレス機。空缶・一斗缶の他、ドラム缶や裾物のプレス用。

3. 三方締めプレス
  スクラップをボックスに投入後、上蓋シリンダーと縦・横シリンダーの3方向から圧縮するタイプのプレス機。排出はプレス機の左右どちらかに排出口があるタイプと上から取り出すタイプがあります。
  投入するボックスサイズやシリンダー圧力により用途が異なるが、一番スタンダードなタイプ。

4. 廃自動車プレス
  廃自動車のボディーガラをプレスする目的が主用途のプレス機。投入ボックスの長さが5m、巾が2mあるタイプが一般的。2方締めプレスと3方締めプレスがあります。

中古機械だと故障とか心配だけど大丈夫?

もちろん故障が全くないとは言えませんが、当社独自の機械査定で再販に値すると判断した、厳選した機械のみを扱っておりますので、その点はご安心頂けるかと思います。
また、万が一故障や不具合が発生した場合には迅速なサポートを心がけております。

機械納入後のメンテナンスはやってくれるの?

もちろん対応致します。
当社が長年に渡って協力関係にある機械メンテナンス業者が全国に点在しております。
故障や不具合が発生した場合、最短で対応可能なパートナーがお伺い致します。

故障のときに保証とかあるの?

一般的な中古機械売買に保証はございませんが、当社の場合、ギロチンやプレス等の大型機械の場合、一部部品を除いて3ヶ月間の保証期間を設けております。

修理だけの依頼は可能なの?

基本的には、納入した機械業者に依頼するのが一番です。
ただし、当社でお役に立てる場合もありますので、まずはお問い合わせ下さい。

新品購入か中古機械かで迷っているんだけど・・・

単純に言えば、当然新品のほうが新しくて良いですが、中古は低コストで導入出来るという抜群のメリットがあります。
しかし、安いというだけで機械を導入しても修理費用に毎年多大なお金が掛かったら本末転倒です。
中古機械を導入するのであれば、良質な中古機械である事が肝心です。
その点当社は、厳選した機械を中心に扱っておりますので、是非一度ご相談下さい。
また当社は、中古・新品に固執せず、お客様の現在の扱い量やご要望・ご計画をお聞きした上で、最適なご提案をさせて頂きます。

納期はどの位?

機械によって様々ですので、個別にお問い合わせ下さい。

佐藤設計事務所って設計の会社なの?

元々、創業者である初代・佐藤昇が造船の設計知識を生かして、スクラップ業界で使われる油圧機械の設計を始めました。
その後、中古スクラップ処理機械の下取り査定の依頼が増え、中古機械販売を開始して現在に至ります。
社名はその時の名残りで、現在は設計業務は行なっておりません。

ページトップへ戻る